スキップしてメイン コンテンツに移動

第11回ギター大好きコンペ関東予選とオールジャパン予選

18日(祝・月)10:30開演

ギター大好きコンペ関東とオールジャパンの予選会が行われました。

今年で11年目になるのですね。月日が経つのは早いものです。五反田文化センター音楽ホールから目黒区区民ホールに変更になり、数年ぶりに目黒駅に下車しました。このホールを訪ねたのは初めてだと思います。かなり老朽化していて、階段の段差が高かったです。

響きは良くて、後ろの席の方が良く聞こえていました。一方、前の方の席はエコーが少なく聞こえていました。審査員席は前方に設けられていましたが、後方に設けられていたらまた違った結果になっていたかもしれませんね。それだけ聞こえ方が違っていました。

私は、B部門の最後の人から聞きました。その後30分のランチタイム、トイレに行っている間にC部門とD部門を聞き逃してしました! E部門からは全員聴きました。

今回はF部門とオールジャンパンに各1名ずつの生徒さんが参加しました。F部門の生徒さんは銅賞でした。昨年と審査の基準が変わったのかな?と思うような、不思議な審査結果でした。オールジャパンの生徒さんは、2次予選に進む権利を頂きましたが、3人全員合格に(?_?)と感じました。コンペも回数が重なってくると色々と有りますね。でも気持ちを切り替えて、ひたむきに自己を磨いて納得のいく演奏ができるように精進していってほしいと思いました。コンペやコンクールは結果も大事だと思いますが、それよりも自己を練磨する機会と思って取り組んでほしいと思います。継続することで実力がついて、それが他者からの評価につながると信じています。泥沼から蓮の花が咲くように!一人一人の花を咲かせましょう!




コメント

  1. こんばんは。当方地方のギター愛好家です。 (田口先生は昨年は全国大会の審査をされていたと記憶しています。勘違いならすみません) 『昨年と審査の基準が変わったのかな?とちょっと不思議な審査結果でした。』というのが(審査する立場の方でもそう感じられるのであれば)とても気がかりです。中部地区に何回か出ていますが、各年度でも審査方針が違うように見える審査結果ですし(直接、審査員の方とお話しする機会がないので もどかしいのですが)、地域間の違いも感じますし・・・・ せっかくの大規模なイベントなので 「審査方針」はあらかじめ示してほしいし、統一感、継続感がないので(甘いかもしれませんが アマチュアにとっては)やる気をなくす人も見聞きするのが忍びないです。

    返信削除
  2. Unknownさんへ
    ギター大好きコンペは、
    『東京国際ギターコンクール50回目の開催を記念して、ギター愛好家の皆さんに参加していただける催しものとして2008年より始めました本事業は、おかげさまで10回目を迎えます。演奏技術を競い合うことよりも、一同に会し、弾き合うこと、楽しめる場を提供したいという主旨の下、相互の情報交換、交流の場として、多くの方達の参加を願っております。』というのが趣旨だったかと思います。

    審査基準は特に決まっているわけではなく、その年に選出された審査員メンバーで金賞に相応しいかどうかを話し合って、評決する形をとっています。東京国際ギターコンクールのように個々に点数をつけて増澤方式で採点し、公表をするというコンクールのスタイルではありません。

    ブログに「不思議な審査だった」と書きましたが、審査基準が決まっているわけではないので、その年々で変わることもあるでしょうから仕方ないことかと思っています。もっとも金賞をもらえると皆さん励みになると思いますが…
    連盟では審査員との交流できるコーナーを特に設けていませんが、趣旨にも書かれているように「情報交換、交流の場と願っている」ということですので、審査結果発表の後なら審査員に話しかけても構わないかと思います。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

第11回クラシックギターサマーセミナーの受講生募集のご案内

募集を開始しました。受講希望の方は、どうぞご連絡ください。

【日時】 8月24日(金)~26日(日):2泊3日
【タイトル】
第11回クラシックギターセミナー in 原村
【サマーセミナーの目的・趣旨】
クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故・稲垣 稔氏と共同で2007年にスタートしました。クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。初心者、プロ志望までレベルを問わずご参加いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。
【参加資格・募集人員】
初心者からプロ志望レベルまで。受講生募集人員は15名。あと2名
【受講費】
¥52,000(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、講師コンサート&有志による発表会、新人演奏コンサート、記念品、賞状。ただし、昼食代は含まれておりませんので別途となります)
※単独での聴講の場合:各講座¥2,000
※レッスン聴講:全日通し券¥3,500、一日券¥1,500
※講師コンサート:24日(金)19:30~ ¥3,000
※新人演奏コンサート:25日(土)19:30~ ¥2,000
※受講生有志によるコンサート:25日(土)15:00~ 入場無料
【講師&新人演奏育成コンサート出演者】
レギュラー講師:田口秀一(基礎講座)
講座ゲスト講師:鈴木一郎先生http://ichiro-suzuki.main.jp/
ゲスト講師:岩永善信先生http://www.yoshinobu-iwanaga.jp/、ジャン・マリー・レーモン先生http://jean-marie.raymond.im/

昨年の東京国際ギターコンクール優勝者コンサートを主催致します。

音楽工房グランソノリテとして昨年の東京国際ギターコンクール優勝の小暮浩史君のソロリサイタルを主催することにいたしました。彼の継続8回の挑戦と礼儀正しい姿勢に感銘しましたので応援したいと思いました。ちょうど武蔵小金井駅前の小ホールが取れましたので地元周辺の方々に国際コンクール優勝者の生音を身近に聴いて頂けたらと思います。ここは、クラシックギターの音が心地よく聞こえてきます。どうぞこの機会をお見逃しなく。入場料:前売り2,000円 当日2,500円(150席限定)
チケット取り扱い:(株)ギタルラ社、(有)絃楽器のイグチ、













今年で発表会20年目

年に1回の発表会。今年で20年目になります。今までに色々な方の支えがあって月日を重ねることが出来ました。厚く御礼申し上げます。
今年は、教室で初めて合奏を2曲演奏することに致しました。
どうぞよろしくお願いいたします。
人数的には指揮をすることもないかと思っていたのですが、結局することになりました。気恥ずかしいですがよろしくお願いします。

生徒さん方は、だんだん上手くなっています。どうぞ聴きにいらしてください。
GGサロン(有楽町線要町駅)https://www.gendaiguitar.com/ggsalon_concert/ggmap.html




プログラム
1.アレグロ/M.ジュリアーニ ロマンス/J.K.メルツ   M.T

2.ワルツト長調/D.フォルティア ノクターン/C.ヘンツェ    I.N

3.白鳥の歩み/F.A.マルサグリサ 東洋風奇想曲/V.O.ビッグフォードK.S

4.夢(マズルカ)、 マズルカ ト長調/F.タレガ M.Y

5.アンダンテ/N.コスト   ラリアーネ祭/L.モツァ―二S.T

6.牛を見張れによる変奏曲 L.D.ナルバエス  M.T

7.マリアルイサ/J.S.サグレラス  クリスマスの歌/A.バリオス  N.W

8.マルビーナへ/J.K.メルツ  M.K

9.見上げてごらん夜の星を/いずみたく  アベマリア(カッチーニ)/ウラディミール・ヴァヴェロフ        

Y.F(オカリナ)&Y.F(ギター)                              
休憩

10.ラリアーネ祭/L. モツァ―二  水面に映る影を寄せて/J.M.レーモン Y.F

11.スペインのフォリアによる変奏曲op.45/M.ジュリアーニ T.W
12.ソナタハ長調op.15よりアレグロ・スピリット/M.ジュリアーニ M.M
13.ワルツ/M.M.ポンセ、サパテアード/J.ロドリーゴ  I.I
14.セゴビアの名によるトナディーリャ/M.C.テデスコ他  M.Y
15.アンドロメダ、わが道をふり返った時/J.M.レーモン  T.O
16.合奏    
蛍の光/スコットランド民謡小さな、秋見つけた/中田喜直