スキップしてメイン コンテンツに移動

意識をもって維持訓練をしないといけないこと。右手編No.10爪の形は、フォームから

爪の形や長さは、人によって違うことでしょう。爪を伸ばすと割れやすい人や薄い人、爪の形や湾曲の仕方が違う等々色々あると思います。しかし、基本的な形(図2)を基にその人の条件に合った形を見つけてほしいと思います。以下紹介する形は、同じようなタッチ(図1)とフォームを修得したときのものです。(図4)

指頭と爪の溝に弦を入れてから(図3)「切り落とすような またはすり抜ける(図1)」タッチができるようになった場合です。以下の形がお勧めです。(図2)指頭に合わせてカーブ型です。

一般に右端のフォーム(図5)の方が多いかと思います。この場合は、アルアイレの時に「爪で切り上げるまたはすくい上げる」感じにならず「爪で擦る(またはかゆい時に爪でひっかくような)」行為になりやすくので音が細くなり雑音が出やすくなります。さらに弦の当たりが各指によって微妙に違うので各指の形が一つ一つ変えないといけませんので手間がかかります。





http://shu-grandsonorite.blogspot.com/2017/11/no13.html

コメント

  1. すいません、私が過去の投稿や文脈を理解していないのかもしれませんが

    > 以下紹介する形は、同じようなタッチとフォームを修得したときのものです。(図4)

    の「同じような」とは、何と対照して「同じよう」なのでしょうか?

    返信削除
  2. morr noyoさんへ

    ブログを読んでいただいてありがとうございます。過去に私に習っている生徒さんの為と自分の記録に書いているところがありますので大まかに書いています。同じようなタッチとは、図1を指しています。「切り落とすような またはすり抜ける(図1)」と図4のフォームを一体に習得できると図2になります。逆に図2に形を整えてから図1にのタッチの仕方や図4のフォームに徐々に近づけていくケースもあります。

    返信削除
  3. 理解できました。爪の形からフォームを整えるケースもあるなんて考えたこともありませんでした。私は長年図5のフォームでしたが、ギターメトード基礎やyoutube動画を参考にしているうちに図4のようなフォームになってきました。特に意識して図4のようにしているつもりはないのですが、ギターメトード基礎に書かれている親指側面を使った消音を意識して練習していると、自然と図4に近付いていったように思います。消音やプランティングを意識するようになった結果、フォームが変わり、爪は短く図2に近い形になっています。これまでは爪もフォームもなんとなくそうしていましたが、今後は意識してそうするようにしてみます。返信ありがとうございました。

    返信削除
  4. morr noyoさんへ
    ギターメトード基礎を実践して頂いてとても嬉しく思います。そうなんです。親指側面を使った消音を練習していただくと自然と図4に近づきます。ここがとても大切なポイントなんです。そのフォームが安定すると右手の技術がすべてできる入口に立つことが出来ます。引き続き継続してくださいね。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

第11回クラシックギターサマーセミナーの受講生募集のご案内

募集を開始しました。受講希望の方は、どうぞご連絡ください。
【日時】 8月24日(金)~26日(日):2泊3日
【タイトル】
第11回クラシックギターセミナー in 原村
【サマーセミナーの目的・趣旨】
クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故・稲垣 稔氏と共同で2007年にスタートしました。クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。初心者、プロ志望までレベルを問わずご参加いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。
【参加資格・募集人員】
初心者からプロ志望レベルまで。受講生募集人員は15名。あと2名
【受講費】
¥52,000(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、講師コンサート&有志による発表会、新人演奏コンサート、記念品、賞状。ただし、昼食代は含まれておりませんので別途となります)
※単独での聴講の場合:各講座¥2,000
※レッスン聴講:全日通し券¥3,500、一日券¥1,500
※講師コンサート:24日(金)19:00~ ¥3,000
※新人演奏コンサート:25日(土)19:30~ ¥2,000
※受講生有志によるコンサート:25日(土)15:00~ 入場無料
【講師&新人演奏育成コンサート出演者】
レギュラー講師:田口秀一(基礎講座)
講座ゲスト講師:鈴木一郎先生http://ichiro-suzuki.main.jp/
ゲスト講師:岩永善信先生http://www.yoshinobu-iwanaga.jp/、ジャン・マリー・レーモン先生http://jean-marie.raymond.im/

ギター愛好家の皆様へ “今さら聞けないギターの基本を もう一度見直してみませんか?~重力奏法を基盤にした~

長年ギターにおける自然な弾き方を求めてたどり着いたのが「重力・重量」を活かした弾き方でした。そうした見地からアドバイスを致します。どうぞこの機会をご利用ください。






































【概要】
指導力に定評がある弊社音楽教室ギター科講師、田口秀一先生がギターを演奏する上で基本的な事柄で今さら聞けない「姿勢」、「演奏法」、「爪の磨き方」、「楽器の選び方」等々をわかりやすくクリニックいたします。クラシック・ギターを弾かれる全ての皆様(レベル、年齢は問いません)、是非ご参加下さい。

【日時】11月23日(木・祝)15:00~
【会場】(株)ギタルラ社1Fスタジオ
【講師】弊社音楽教室ギター科講師:田口秀一先生
【受講料】¥2,160(税込)※定員4~6名。聴講はございません。

※可能な限りギターをご持参下さい。
※ご予約、お問い合わせは(株)ギタルラ社まで。
※ (Tel) 03-3952-5515(火~日 10:30~19:00)(Mail) info@guitarra.co.jp【内容】 指導力に定評がある弊社音楽教室ギター科講師、田口秀一先生がギターを演奏す る上で基本的な事柄で今さら聞けない「姿勢」、「演奏法」、「爪の磨き方」、 「楽器の選び方」等々をわかりやすくクリニックいたします。
㈱ギタルラ社ホームページhttp://www.guitarra.co.jp/

第19回有志によるコンサート(ギター発表会)

今年の有志によるコンサート(19回目発表会)は、来年で20年目を迎えるにあたって感慨深い発表会になりました。現生徒さん、元生徒さん「ありがとうございました!!(^^♪」12日に満55才になりました。故稲垣さん(亨年54才)より一つ年を重ねられたことも感謝です。いい音を醸し出す為には、奏法研究が必要でそうした積み重ねがやっと生徒さん方に伝えられるようになってきたことも感慨深く感謝でした。これからは、少し「共に作る楽しむ」エンターティメントな面も伸ばしていきたい思いました。



プログラム

1.ワルツ/J.フェレール
ロマンス/J.Kメルツ                                                       I.N 初参加



2.ラグリマ/F.タレガ  

アデリータ/F.タレガK.T 2回目

3.マリア・ルイサ/J.S.サグレラス 雨だれ/G.C.リンドイ                                                     K.S 2回目
4.11月のある日/L.ブローウェル
フェスタ・ラリアーネ/L.モツァー二                                                M.Y  3回目
休憩

5.愛のロマンス/スペイン民謡    また君に恋してる/森正明 小関編              T.W 初参加