スキップしてメイン コンテンツに移動

第10回クラシックギターサマーセミナーin原村 受講生、聴講生募集中!!


2017818日(金)~20日(日)23

サマーセミナーの目的・趣旨

クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故稲垣稔氏(2013年6月26日没)と共同で2007年にスタートしました。クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。今回は、一人一人の隠れた才能の掘り起こしを目指したいと思います。

会場:グリ-ンプラザホテル(長野県諏訪郡原村八ヶ岳美術館隣)

住所:長野県諏訪郡原村中央高原17217-2821 TEL0266-74-2041 Fax0266-74-2188

参加資格:初心者からプロ志望まで、更なるステップアップを目指す方等、レベルを問わずご参加いただけます。

集合時間:818日(金)1330食堂

受講費:52,000円(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、有志による発表会、記念品、賞状)ただし昼食代は、含まれていません。別途かかります。

受講生募集人数18(残り9名)

今年の特別ゲスト講師決定しました!
鈴木大介先生
作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。2004年~2006年まで8回にわたり、20世紀に生まれたギター音楽を毎回異なる視点でアプローチする演奏会 「ギター・エラボレーション」を白寿ホールで開催。2005年には、ベルリン・パリ・東京にて、武満徹の舞台「マイ・ウェイ・ オブ・ライフ」でケント・ナガノ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団と共演。同年タイ国際ギター・フェスティバルにも出演し、2006年、再び招かれた。2008年、ワシントンのケネディセンターにて開催されたジャパン・フェスティバルでの「A Tribute to Toru Takemitsu」に渡辺香津美、coba、八尋トモヒロと共に出演。2010 にも、同メンバーでカーネギーホールおよびオレンジ・カウンティー・パフォーミング・アーツ・センター(カリフォルニア)にて再演、いずれも 大好評を博した。
 内外の演奏家からの信頼も厚く、これまでに、クロード・ボリング、マーティン・テイラー、渡辺香津美、荘村清志、ブランドン・ ロス、古部賢一、須川展也、天羽明惠、荒川洋らと共演を重ねている。また、小澤征爾が中心となって行われるサイトウ・キネン・フェスティバル松本には、ゲスト・プレイヤーおよびオーケストラ・メンバーとして、1997年以降頻繁に招かれている。2007年にはジャズギタリストの鬼怒無月とのユニット「The DUO」を結成。各方面から高い評価を得ている。
 現代音楽の初演も多く、武満徹作曲「森のなかで」「スペクトラル・カンティクル」の世界初録音を始め、これまで、池辺晋一郎、猿谷紀郎、西村朗、伊左治直、林光ら、多くの作曲家による新作を初演している。アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。美術館でのコンサートも数多く行っており、特に都立現代美術館での「田中一光展」(2003)、国立新美術館での「オルセー美術館展」(2010)、ブリヂストン美術館での「ドビュッシー、音楽と美術展」(2012)では、展示作品のテーマに即したプログラムをプロデュースし、大きな話題となった。
 斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作はいずれも高い評価を受け、「カタロニア讃歌~鳥の歌/禁じられた遊び~」は2005年度芸術祭優秀賞(レコード部門)を受賞。2006年には武満徹の没後10年を記念し、映画音楽集「夢の引用」をリリース。2007年、2008年にリリースした「キネマ楽園」「キネマ楽園Ⅱ/夜の太陽」は、ギター・ソロによる映画音楽のカバーで大ヒットなり、今日に至るまで同シリーズを全7作品リリースしている。また2012年には、ピアソラ没後20年となる年に、世界でも例を見ない、多重録音による「タンゴ組曲」を収録した「アディオス・ノニーノ~アストル・ピアソラ作品集」をリリース。2014年には「伊福部昭を弾く/鈴木大介」をリリースし、各方面から絶賛された。最新CDは、自身初となるコンポジション作品集「12 Etudes for guitar solo」を中島ノブユキのプロデュースにより20163月にリリース。
 これまでにNHK-FM「クラシック・リクエスト」(1999年~2001)、「気ままにクラシック」(2002年~20083)のパーソナリティーも務めた。第10回出光音楽賞、平成17年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
洗足学園音楽大学客員教授。横浜生まれ。ギターを市村員章、福田進一、尾尻雅弘の各氏に、作曲を川上哲夫、中島良史の両氏に師事。ほかに、ザルツブルク・ モーツァルテウム音楽院においてエリオット・フィスク、ホアキン・クレルチの両氏に師事。
ブログ http://daisukesuzuki.at.webry.info/
              
益田展行
長崎市出身。幼少よりギターを始め、これまでに益田洋一、佐々木忠、H.ケッペル、T.ツァビエルハ各氏に師事。
ドイツ学術交流会(DAAD)より奨学金を得てドイツに渡り、ケルン音楽大学アーヘン校・演奏家課程、ケルン音楽大学・修士課程を卒業。その後、フランツ・リスト音楽大学(ワイマール)にて研鑽を積む。在学中に3期にわたり()野村国際文化財団(現、()野村財団)より奨学金を授与される。
東京国際ギターコンクールをはじめハインスベルク国際ギターコンクール(ドイツ)、フォルム・ウィーン国際ギターコンクール(オーストリア)、パリ・アントニー国際ギターコンクール(フランス)など内外の15の国際コンクールにおいて上位入賞を果たすなど輝かしい賞歴を重ねており、ソロ、室内楽、オーケストラとの協演などヨーロッパ各国にて公演を行っている。
2012年に日本に帰国。20161月にリリースした「plays Bach バッハ作品集」は「衝撃的なデビュー作」(現代ギター誌) と評され、レコード芸術誌特選盤に選ばれている。HP: http://noriyukimasuda.web.fc2.com/







講座ゲスト講師

片岡正美先生(リコーダー)  「古楽から知るもう一つの表現法」
               18日(金)17時~18時2,000円


一般的なクラッシック音楽からは気がつきにくい表現方法。それが出てきた古楽の現代クラッシック音楽における意味と存在理由。もう一つの表現方法のヨーロッパにおける歴史的背景、リコーダーという楽器の特殊性からくる音楽的必然性、そして、それの具体的な方法。

オランダのDen Haag王立音楽院に留学し、リコーダーをF.ブリュヘン、R.カンジに、フラウト・トラヴェルソをB.クイッケンに師事する。歴史的調律法をDr.アランフェンテイラーに師事し、Dr.ドン・スミザーズの主宰するルネッサンス、バロックのクアイアーに属し、ルネッサンストラヴェルソによるDr.ドン・スミザーズのコルネット(ツィンク)との共演も多い。
同音楽院を修了し、数々のコンサートや古典音楽協会室内合奏団ソリストとして活躍している。

新潟大学講師、東京芸術大学講師を経て現在に至る。東京古典楽器センターリコーダー科講師








レギュラ講師陣         ギターにおける重力奏法講座 田口秀一(ギター)

9(土)13時40~14時40分
2,000円

長年「重みをどのように活かしたらギター演奏に反映されるか?」というテーマを研究してきました。そこでまずギター演奏に必要な技術の分類から始めました。その中で色々と分かってきたことを整理し報告しておきたいと思います。
はじめにピアノを13歳からギターを始める。金平政彦・順江夫妻、兼古隆雄、小原聖子各氏に師事。和声を清水環氏に師事。ソルフェージュを作曲家イボンヌ・デ・ポルトゥデ師事、エコール・ノルマル音楽院(パリ)にてR・アンディア、A・ポンセ教授に師事。86年ギター科と室内楽クラスにて演奏家ディプロムを取得。スペインはアルコイにてJ・ルイス・ゴンサレスに師 事。O・ギリア、レオ・ブローウェル、アリリオ・ディアス氏等のマスタークラスを受講するベート・ダベザックマスタークラスファイナルコンクール第2位。 88年帰国。02年伝承が難しかったタレガ奏法の原理(重心移動)に気付く。2007年より第1回蓼科高原サマースクールを偉大なギタリスト故稲垣 稔氏 と共同で立ち上げる。(社)日本ギター連盟正会員。大阪国際音楽コンクール東京地区本選弦楽器審査員。2016年8月、第2巻「ギターメトード基礎Vol.2」現代ギター社より出版好評を得ている。



田口英子(ピアノ)
武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。武蔵野音楽大学卒業演奏会、読売新人演奏会等、数々のコンサートに出演。85 年6月東京にてリサイタルを開催。同年エコールノルマル音楽院(パリ)に留学、研鑽を積む。その間、パリでのコンサート等行なう。90年6月東京にて帰国記 念リサイタルを行なう。92~96年昭和音楽大学、同短期大学ならびに同付属音楽教室講師を務める。ピアノを丸山淑子、久富綏子、徳川愛子、L・ヒルトブ ラウンL・グッソー、E・エリアスの各氏に、伴奏法をH・ピュイグ=ロジェ氏に師事。96年11月よりピアノ教室を主宰。97年より数回にわたりギター&ピアノによるジョイントコンサートを行っている。














各講座を単位で参加の場合
講師コンサート18日(金)1930分~3,000
鈴木大介、片岡正美、益田展行、田口秀一、田口英子等詳細が決まりましたらブログに掲載いたします。
受講生有志によるコンサート19日(土)15時~無料
*レッスン聴講:18日(金)14時~171,500円、19日(土)815121,500円、
20日(日)815121,500,

お問い合わせメール:studio-grandsonorite@jcom.home.ne.jp
TEL&FAX:042-502-6264(田口)
ホームページhttp://studio-grandsonori.wixsite.com/grandsonorite 申し込み方法:氏名、住所、電話または携帯番号、メールアドレス、年齢、性別、音楽歴、受講曲2~4曲程度、 今回のレッスンで習いたこと、受講したい先生の組み合わせを第一希望、第二希望をご記入ください。 (ただし、希望通りならないこともございますので予めご了承ください)後日振込先をご連絡いたします。


マイカーの方:諏訪南ICより約10分 八ヶ岳美術館隣り(カーナビ利用の場合)
電車の方:中央線富士見駅よりタクシーで約10分(2000円ぐらいしたと思います。)

 バス茅野駅(諏訪バス茅野)は、西口4番乗場より発車。
運賃770円茅野~美濃戸口で八ヶ岳中央農業実践学校までいらっしゃれればホテルの方が迎えに来てくださいます。お申し出ください。
バス時刻    
集合時間13時に間に合うお薦めの時間(青字)
茅野駅          ↓10:25 12:20 13:45
八ヶ岳小さな絵本美術前  ↓10:49 12:44 14:09
八ヶ岳中央農業実践大学校前↓10:52 12:47 14:12   



コメント

このブログの人気の投稿

第11回クラシックギターサマーセミナーの受講生募集のご案内

募集を開始しました。受講希望の方は、どうぞご連絡ください。
【日時】 8月24日(金)~26日(日):2泊3日
【タイトル】
第11回クラシックギターセミナー in 原村
【サマーセミナーの目的・趣旨】
クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故・稲垣 稔氏と共同で2007年にスタートしました。クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。初心者、プロ志望までレベルを問わずご参加いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。
【参加資格・募集人員】
初心者からプロ志望レベルまで。受講生募集人員は15名。あと2名
【受講費】
¥52,000(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、講師コンサート&有志による発表会、新人演奏コンサート、記念品、賞状。ただし、昼食代は含まれておりませんので別途となります)
※単独での聴講の場合:各講座¥2,000
※レッスン聴講:全日通し券¥3,500、一日券¥1,500
※講師コンサート:24日(金)19:00~ ¥3,000
※新人演奏コンサート:25日(土)19:30~ ¥2,000
※受講生有志によるコンサート:25日(土)15:00~ 入場無料
【講師&新人演奏育成コンサート出演者】
レギュラー講師:田口秀一(基礎講座)
講座ゲスト講師:鈴木一郎先生http://ichiro-suzuki.main.jp/
ゲスト講師:岩永善信先生http://www.yoshinobu-iwanaga.jp/、ジャン・マリー・レーモン先生http://jean-marie.raymond.im/

ギター愛好家の皆様へ “今さら聞けないギターの基本を もう一度見直してみませんか?~重力奏法を基盤にした~

長年ギターにおける自然な弾き方を求めてたどり着いたのが「重力・重量」を活かした弾き方でした。そうした見地からアドバイスを致します。どうぞこの機会をご利用ください。






































【概要】
指導力に定評がある弊社音楽教室ギター科講師、田口秀一先生がギターを演奏する上で基本的な事柄で今さら聞けない「姿勢」、「演奏法」、「爪の磨き方」、「楽器の選び方」等々をわかりやすくクリニックいたします。クラシック・ギターを弾かれる全ての皆様(レベル、年齢は問いません)、是非ご参加下さい。

【日時】11月23日(木・祝)15:00~
【会場】(株)ギタルラ社1Fスタジオ
【講師】弊社音楽教室ギター科講師:田口秀一先生
【受講料】¥2,160(税込)※定員4~6名。聴講はございません。

※可能な限りギターをご持参下さい。
※ご予約、お問い合わせは(株)ギタルラ社まで。
※ (Tel) 03-3952-5515(火~日 10:30~19:00)(Mail) info@guitarra.co.jp【内容】 指導力に定評がある弊社音楽教室ギター科講師、田口秀一先生がギターを演奏す る上で基本的な事柄で今さら聞けない「姿勢」、「演奏法」、「爪の磨き方」、 「楽器の選び方」等々をわかりやすくクリニックいたします。
㈱ギタルラ社ホームページhttp://www.guitarra.co.jp/

第19回有志によるコンサート(ギター発表会)

今年の有志によるコンサート(19回目発表会)は、来年で20年目を迎えるにあたって感慨深い発表会になりました。現生徒さん、元生徒さん「ありがとうございました!!(^^♪」12日に満55才になりました。故稲垣さん(亨年54才)より一つ年を重ねられたことも感謝です。いい音を醸し出す為には、奏法研究が必要でそうした積み重ねがやっと生徒さん方に伝えられるようになってきたことも感慨深く感謝でした。これからは、少し「共に作る楽しむ」エンターティメントな面も伸ばしていきたい思いました。



プログラム

1.ワルツ/J.フェレール
ロマンス/J.Kメルツ                                                       I.N 初参加



2.ラグリマ/F.タレガ  

アデリータ/F.タレガK.T 2回目

3.マリア・ルイサ/J.S.サグレラス 雨だれ/G.C.リンドイ                                                     K.S 2回目
4.11月のある日/L.ブローウェル
フェスタ・ラリアーネ/L.モツァー二                                                M.Y  3回目
休憩

5.愛のロマンス/スペイン民謡    また君に恋してる/森正明 小関編              T.W 初参加