2014年12月8日月曜日

第57回東京国際ギターコンクール本選終了

この日は、午前中告別式受付を手伝ってから午後の本選に向かいました。

1.Cameron O`Connor(アメリカ)27歳
くじ引き運が悪いですね。この日もトップバッターでした。ロドリーゴのファンダンゴ、リズムが乱れてしまいました。聞きごたえのあるプログラムでしたが、このコンクール向きの選曲ではなかったことが残念でした。コンクールでは楽器と音量インパクトが課題ですが、コンサートでしたら申し分ないものでした。☆☆☆☆△

2.斎藤優貴17歳
先のCameron O`Connorさんより音量がありますが爪音と雑音が同時になっていて自然な楽器の倍音(響き)がありません。スケルツォ・ワルツは、響きが出ずらいポジションで書かれています。響きのないタッチなのにさらに欠点を露天していました。選曲が裏目に出ていたと思います。バッハは、やはり拍の取り方が良くないです。改善するといいです。これだけの難曲をミスタッチなく弾けるのに残念でなりません。自然な響きを手に入れたら間違いなく優勝だと思います。☆

この辺りで左のこめかみから片頭痛が起きました。
休憩20分

3.小暮浩史26歳
昨年聞いたより高音が良い音になっている。ド・ヴィゼーは、拍が乱れていました。コストでは、内声がボケて聞こえてきて1弦と低音しか聞こえません。昨年の楽器のバランスが違うようです。調弦をしているが微妙に合っていない感じがしました。和音のバランスが微妙に取れていません。聞いていて気になってしかたありませんでした。2弦3弦の音がボケているしっかりタッチをして和音の縦のバランスを整えてほしいと思いました。音を横に流すことは上手なので基本的な和音のバランスを改善してほしいと思います。☆☆

4.Xavier Jara21歳(アメリカ)
先程の小暮君の演奏に不足している和音バランス、声部弾き分けが見事。これは、ギター弾きでないとこの難しさは理解できないと思います。あのような不自然な右手であそこまでコントロールできることに脅威を感じました。基音をしっかり聞き分けた上でバランス良く和音や音を鳴らしていました。凄い耳が良い子です。このような人は、ラベルやドビッシーなどのフランス印象派のものを弾かせるといいです。しかし、こうしたものクラシックギターでは無く、スペインギターが主流なののでなかなか日本では理解されづらい。響きより打点の明瞭さ、バリバリ弾く迫力が支持される。また、2次予選でも書きましたが、中年になると今のままの弾き方ですと弾けなくなるので残念です。
☆☆☆☆☆
休憩

5.山田大輔35歳
昨年より上達していることを感じました。地道に努力している姿勢に好感が持てました。低音がしっかり鳴っていてバランスも悪くありません。惹き込まれそうになる時にミスをするのが残念。右手のタッチの精度と種類が増えると良いギタリストになれると思いました。
☆△△

6.Thomas Csaba(フランス)24歳
ファリャは、リズムに締りがない。バッハは、雑でコントロール不足。彼の音が一番音が太く音量があります。コンクール向きですが、和音のバランスがわずかに悪い。微妙に内声が鳴りすぎる。それに加え音質のバランスが悪いので同時に弾く和音がうるさい。ホッとする音がしない。緊張ばかりである。溶け合わず強調するところでないところも鳴っているので聞いていて疲れる。モー/ミュージック・オブ・メモリーは、それが続いていて聞いていられなかった。疲れもピークになり途中で出てしまいました。最後の課題曲は聞きませんでした。もっとスタンダードな物を取り組むと良いと思った。☆☆

昨年のこともありますので今回の審査結果に興味が湧かなかったので聞かずに退場しました。久しぶりに飲みに誘って貰った生徒さんと楽しく飲みました。いつの間にか片頭痛も治まった。


0 件のコメント:

コメントを投稿