スキップしてメイン コンテンツに移動

公益法人日本ギター連盟新事業!第1回オールジャパンギターコンクール開催

11月30日申し込み締め切りです。1982年東京国際ギターコンクールが行われるようになって32年が経過。世界のレベルをまじかに感じた結果、年を重ねるごとに邦人ギタリストは参加減少していきました。この現象の敗因は、「日本的な見方で審査運営してきた結果だったのではないとか?」と思います。これからの国内ギター界の繁栄育成を真剣に考えいると「国際的な見方で審査育成運営していかない」と邦人参加者を増やせないのではと思います。そうした観点から連盟が動き始めたことに大変期待をしています。今後調整してほしい点は、海外のコンクール挑戦や他のコンクールから受けやすいように選曲を考慮して上げること。自由曲の時間が長いのは賛成です。賞金も一工夫が必要かと思います。賞金がなくても新進ギタリストと東京国際の優勝者と共演とか?腕を磨く機会(コンサート)を作ってあげる方が良いかもしれません。
若手のみなさん、国内コンクールは20種類ほどありますがちゃんとした音楽歴有した方が多く審査員として構成されているか?こうした大切な点を見極めていってほしいと思います。

東京国際ギターコンクール
第1回
オールジャパンギターコンクール

■課題曲

第1次予選
14の嬉遊曲op.51よりNo.7メヌエット/N .コスト
リピートはせずD.C.-Fineはする。メヌエット後の複縦線後の曲のD.C.はメヌエットに帰る。
メヌエットメヌエット2
自由曲:6分以内
第2次予選
吟遊詩人の調べop.13-22より7つのポロネーズ集No.1/J.K.メルツ(リピートはしない)
ポロネーズ トリオ
自由曲:8分以内の自由プログラム。ただし、第1次予選、本選と重複しない曲。
本 選/Final
自由曲のみ:正味演奏時間は20以内。ただし、第1次予選、第2次予選と重複しない曲。
■注意事項
自由曲は、独奏曲であること。コンチェルトのカデンツァは1曲として認めない、また、申請後の曲目変更及び追加は出来ない。当日、申請曲を演奏しない場合、自由曲が記述に沿っていない場合、及び演奏時間が規定に反した場合は失格。
■実施要項
1)日  程
第1次予選 '15年1 月地区予選実演
北海道:札幌(1月25日(日)11:00開演 ザ・ルーテルホール 011-302-3329渋谷)
東北:仙台(2月21日(土)イズミティ21 、022-378-7626若生)
北陸:新潟(1月25日(日)13:00開演予定 だいしホール 025-230-6658 根本)
信州:長野(1月25日(日)松代文化ホール 026-273-0307越)
東京北関東甲州:東京(1月12日(祝)10:30開演予定 キュリアン小ホール03-3438-1819 連盟)
神奈川:横浜(1月17日(土)岩間市民ホール03-3438-1819 連盟)
中部:浜松(1月25日(日)11:00開演 かじまちヤマハホール 03-3438-1819 連盟)
関西:大阪(2月14日(土) 13時開演 尼崎総合文化センター8F 072-998-3755柴田)
中国四国:広島(1月11日(日)13:00開演 安芸区民センタースタジオ 082-227-0712 長野)
九州:北九州市(1月予定13:00開演 095-825-8165 益田)
※地区予選は、参加日の事情、地区間に於いては地の利を考えて参加者が選択できます。
第2次予選 '15年4月19日(日) TOKYO FMホール 11:00 開始
本   選 '15年4月19日(日) TOKYO FMホール 17:00 開始
2)審査委員
第1次予選・第2次予選・本選:連盟正会員ギタリスト
3)表  彰
第 1 位 賞状、連盟杯、副賞「賞金3万円」
第 2 位 賞状、連盟杯、副賞「賞金3万円」
第 3 位 賞状、連盟杯、副賞「賞金3万円」
副   賞
  本選出場者は、2015年開催の第58回東京国際ギターコンクール第1次予選が免
  除されます。また、審査員の推薦により、特別賞として2015年開催の第58回東
  京国際ギターコンクール予選を免除し、本選出場権を授与する。
4)参加料/¥10,000  
振込先:三菱東京UFJ銀行新橋支店・普通口座・4832212もしくは、郵便振替口座00170-4-59957 日本ギター連盟 11月30日までにお支払いください。
払込み手数料は参加者が負担。一度納入された参加料はいかなる場合も返却しない。
5)参加締切日/2014年11月30日
6)申し込み先
  公益社団法人日本ギター連盟 〒105-0004 東京都港区新橋 6-14-4 和田ビル5F
7)参加資格
1980年以降に生まれた者で、過去、東京国際ギターコンクール第1位入賞に該当しない日本国籍の者。
8)注意事項
■参加希望者/申し込み用紙に必要事項を記入し、参加料振込写し、写真、音楽歴を添えて上記申し込み先に郵送すること。
■「ギター大好きみんな集まれギターコンペティション」にも参加できます。ただし参加料は必要です。
■演奏著作権/本コンクールにおける著作権は、本連盟に属する。

e-mail:jfg@guitarists.or.jp http://www.guitarists.or.jp
第1回東京国際ギターコンクール・オールジャパンギターコンクール

参加申込書

2014年  月  日
公益社団法人 日本ギター連盟 殿
私こと、この度第1回東京国際ギターコンクールオールジャパンギターコンクールに参加を申し込みます。

姓名    ※参加希望地区大会名

性別 生年月日
  □男   □女 西暦      年    月    日生

住所

e-mail address:
TEL. 携帯
第1次予選自由曲(作品名/作・編曲)



第2次予選自由曲(作品名/作・編曲)



本選自由曲(作品名/作・編曲)



音楽歴 

コメント

このブログの人気の投稿

第11回クラシックギターサマーセミナーの受講生募集のご案内

募集を開始しました。受講希望の方は、どうぞご連絡ください。
【日時】 8月24日(金)~26日(日):2泊3日
【タイトル】
第11回クラシックギターセミナー in 原村
【サマーセミナーの目的・趣旨】
クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故・稲垣 稔氏と共同で2007年にスタートしました。クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。初心者、プロ志望までレベルを問わずご参加いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。
【参加資格・募集人員】
初心者からプロ志望レベルまで。受講生募集人員は15名。あと2名
【受講費】
¥52,000(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、講師コンサート&有志による発表会、新人演奏コンサート、記念品、賞状。ただし、昼食代は含まれておりませんので別途となります)
※単独での聴講の場合:各講座¥2,000
※レッスン聴講:全日通し券¥3,500、一日券¥1,500
※講師コンサート:24日(金)19:00~ ¥3,000
※新人演奏コンサート:25日(土)19:30~ ¥2,000
※受講生有志によるコンサート:25日(土)15:00~ 入場無料
【講師&新人演奏育成コンサート出演者】
レギュラー講師:田口秀一(基礎講座)
講座ゲスト講師:鈴木一郎先生http://ichiro-suzuki.main.jp/
ゲスト講師:岩永善信先生http://www.yoshinobu-iwanaga.jp/、ジャン・マリー・レーモン先生http://jean-marie.raymond.im/

ギター愛好家の皆様へ “今さら聞けないギターの基本を もう一度見直してみませんか?~重力奏法を基盤にした~

長年ギターにおける自然な弾き方を求めてたどり着いたのが「重力・重量」を活かした弾き方でした。そうした見地からアドバイスを致します。どうぞこの機会をご利用ください。






































【概要】
指導力に定評がある弊社音楽教室ギター科講師、田口秀一先生がギターを演奏する上で基本的な事柄で今さら聞けない「姿勢」、「演奏法」、「爪の磨き方」、「楽器の選び方」等々をわかりやすくクリニックいたします。クラシック・ギターを弾かれる全ての皆様(レベル、年齢は問いません)、是非ご参加下さい。

【日時】11月23日(木・祝)15:00~
【会場】(株)ギタルラ社1Fスタジオ
【講師】弊社音楽教室ギター科講師:田口秀一先生
【受講料】¥2,160(税込)※定員4~6名。聴講はございません。

※可能な限りギターをご持参下さい。
※ご予約、お問い合わせは(株)ギタルラ社まで。
※ (Tel) 03-3952-5515(火~日 10:30~19:00)(Mail) info@guitarra.co.jp【内容】 指導力に定評がある弊社音楽教室ギター科講師、田口秀一先生がギターを演奏す る上で基本的な事柄で今さら聞けない「姿勢」、「演奏法」、「爪の磨き方」、 「楽器の選び方」等々をわかりやすくクリニックいたします。
㈱ギタルラ社ホームページhttp://www.guitarra.co.jp/

第19回有志によるコンサート(ギター発表会)

今年の有志によるコンサート(19回目発表会)は、来年で20年目を迎えるにあたって感慨深い発表会になりました。現生徒さん、元生徒さん「ありがとうございました!!(^^♪」12日に満55才になりました。故稲垣さん(亨年54才)より一つ年を重ねられたことも感謝です。いい音を醸し出す為には、奏法研究が必要でそうした積み重ねがやっと生徒さん方に伝えられるようになってきたことも感慨深く感謝でした。これからは、少し「共に作る楽しむ」エンターティメントな面も伸ばしていきたい思いました。



プログラム

1.ワルツ/J.フェレール
ロマンス/J.Kメルツ                                                       I.N 初参加



2.ラグリマ/F.タレガ  

アデリータ/F.タレガK.T 2回目

3.マリア・ルイサ/J.S.サグレラス 雨だれ/G.C.リンドイ                                                     K.S 2回目
4.11月のある日/L.ブローウェル
フェスタ・ラリアーネ/L.モツァー二                                                M.Y  3回目
休憩

5.愛のロマンス/スペイン民謡    また君に恋してる/森正明 小関編              T.W 初参加