スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月 18, 2013の投稿を表示しています

Back in Town ライブ 

共にクラッシックギターをプレイするソロスタイルの対極。ビバップスタイルジャズギタリスト(関口祐二)と クラッシックギタリスト(田口秀一)の競演。
ミュージック2625円税込と1フードと1ドリンクオーダー条件です。

2013年2月19日(火)18時オープン
               19:30~ソロ45分 田口秀一

               21:00~ソロ45分 関口祐二

              最後に2人でデュオを行う予定です。

申し込みは、直接 back in town バック イン タウン


第3回イーストエンドギターフェスティバル

今回のゲストは、実力派で名高いパブロ・マルケス氏とパリのコンセルバトワールを卒業後20才の時に13カ国コンクールですべて優勝している秀英!初来日のティボー・コーヴァンさんです。

15日は、ちょうどオフでしたので10時~12時P.マルケスさんのマスタークラスを急きょT.コーヴァンさんのレッスンが繰り上がって1名だけ12時~13時。

再び14時~16時をP.マルケスさんのレッスンを聴講。その間マイケルさんを囲んで受講生たちと喫茶室で談笑し、夜19時からT.コーヴァンさんのコンサートを途中まで聞きました。最後まで聞きたかったですがあと2日来たかったのと最終日の通訳を考えて途中で帰宅しました。

16日は、レッスンがありましたのでコンクールは聞くことができませんでした。しかし、夜のマイケルさんのコンサートは、聞くことができました。

17日は、コーヴァンさんの通訳で10時~13時まで誘われた昼食を断って乗り換えの待ち時間にサンドイッチを食べて帰宅。ティアラこうとうから自宅まで2時間弱かかりました。3時からのレッスンに間に合って「ほっ」としました。さすがに疲れて昨日は10時前に寝てしまいました。

今回のマスタークラスのポイント(覚えている範囲で)

T.コーヴァン
音楽の基礎がまずリズムであるという認識これがベースで出来た上で拍子としての表現(重みと抜け方)を加える。

フレーズを段階的に音量設定を計画し、聴衆を惹きつける。

アーテュキレーション発音を明確にすること。(芯のある音とボケる音の認識)、高音のピアノからフォルテ(音が割れないようにタッチの場所や角度を変化させる)

姿勢に対するアイディアとして椅子に腰かけギターを構えた時円イメージする。体とギターのサウンドホールと左ひざの位置を中心線にする。次に両肩を平行に保つこと。背筋が少し伸ばす。体から出るエネルギー(パワー)を有効に出す為に左足を右足より後方に置き陸上のスタート姿勢を例えにして静かに待機し少し前傾重心姿勢を構えること。椅子にもだれるように後方に重芯を置いて座らない。

音の発生を例えて:生まれ、花が咲き、死んでいく
 発音と音の持続(音価)と終始(消し方の動と静の2種類)の説明、

小さい音(ピアノ)と貧弱音の違い、ピアノと静けさの違い、

和音の響かせ方(低音を多く鳴らすか?中間を鳴らすか?高音よりを鳴らすか?)の種類