2013年11月19日火曜日

名古屋ギターにおける重力奏法「ギターメトード基礎」講座好評でした。

実は、名古屋に行くのが初めてでした。パリ留学時代の旧友のギタリスト高岡誠と高岡さんに以前師事していた佐々木響士朗先生とお弟子さん2名、熱心な愛好家3名 計7名聴講と個人レッスン3名で和やかに講義を進めることができました。
時折オーナーの山下社長さんも聴講して下さいました。
タレガから繋がるセゴビア、デラマーサ、ブリ―ム、先日来日したばかりのジョン・ウイリアムズ等の巨匠たちが行っているギターにおける基礎とその原理高度な重力奏法を解説してきました。
特に興味を持ってもらえたことが、腕と一体に使うアームアポヤンドと左手指の関節を利用した押せ方です。

以下山下高博社長のコメントです。

今日は東京から田口秀一さんに来て頂き、彼の教本「ギターメトード基礎」の活用講座と公開レッスンをやって頂いています。
アームアポヤンドと言う言葉を聞いたことがありますか?指を曲げて弾くのではなく、腕を使って弾弦する奏法です。脱力してまろやかな大きな音が出せます。左手の押さえ方も指頭の左側で手のひらを丸く曲げて手の重みを利用して押さえると言う理にかなった奏法の解説に目の鱗が・・・です。山下高博

これらは、特にレッスンプロの先生方に知って頂きたいと思っています。今増えている腱鞘炎(ばね指、巻き込み、ジストニア)弾き起こす動作を避ける予防・改善にも繋がることが分かってきました。


2 件のコメント:

  1. 先日は 講座とレッスンを有り難うございました。温かい雰囲気の中で学べたことが とてもうれしく がんばる気持ちにもなりました。アポヤンドと消音について YouTubeを見ながら練習していますが やはりもう一度 直接教えていただきたい と思っています。いつか その機会が訪れることを願っております。 杉野森

    返信削除
    返信
    1. 杉野森さんへ
      コメント有難うございます。私も今回伺ってとても楽しく食事も気に行ったので是非伺いたいと思います。今回と同じぐらいの人数が集まればすぐにでも行きたいくらいです。また、お会いできるのを楽しみにしています。田口より

      削除