スキップしてメイン コンテンツに移動

ギターメトード基礎用法と補足6

P.42
応用課題
 文字どおり同時アポヤンドの応用課題です。

細かなパッセージ
 特に重要なのが課題4です。スタッカートとして使用しますし、指の交叉での大振りの矯正にもとて も効果絶大です。

右手運指の順次進行、右手運指の逆行進行
 この二つの右手の運指使いは、知っておいて頂きたいです。いつも弾きやすい順次進行で右手の運指で弾くことができません。そのためにも事前に慣れておく必要があります。弾くコツは、その時に手の移動を忘れないことです。また、特徴として滑らかに弾きたい箇所は、順次運指で弾き、アクセントが逆に来る場合に逆行運指で決めていくというケースもあります。これは、海外の楽譜に見かけることがあります。ちゃんと意識して使い分けているんですね。

P.43
二つのアルアイレ
 ここでは低音弦2つ以上同時に(P指)で弾かなければいけない時の2つの動作を紹介しました。
「払うように 逆払いアルアイレ」名前が付いていませんので私が便宜上命名しました。
この弾き方をできるとヴィラロボスのプレリュード1番のようにメロディーが5弦音の厚みを出すために⑥弦が付いてくる場合5弦の音を有効に際立たせるのに向いています。朗々と歌わせるときにも適しています。
逆に「カット・アルアイレ」は、鋭く!音の立ち上がりを求めてたいときにとても有効です。
アクセント音やスペイン的な音を求めるときにいいです。ただし、ヴィラロボスのように旋律が下の弦に来る場合は、コントロールが難しいのであまり適していません。ここでもそれぞれの弾き方の特徴を踏まえて用いてください。習得に時間を要しますが確かな上達が見込めます。
この二つの関節動作を使い分けている邦人はとても少ないですが、ぜひあきらめず精進することをお勧めいたします。

続く7へ

コメント

このブログの人気の投稿

昨年の東京国際ギターコンクール優勝者コンサートを主催致します。

音楽工房グランソノリテとして昨年の東京国際ギターコンクール優勝の小暮浩史君のソロリサイタルを主催することにいたしました。彼の継続8回の挑戦と礼儀正しい姿勢に感銘しましたので応援したいと思いました。ちょうど武蔵小金井駅前の小ホールが取れましたので地元周辺の方々に国際コンクール優勝者の生音を身近に聴いて頂けたらと思います。ここは、クラシックギターの音が心地よく聞こえてきます。どうぞこの機会をお見逃しなく。入場料:前売り2,000円 当日2,500円(150席限定)
まだ、当日券ございます。
チケット取り扱い:(株)ギタルラ社、(有)絃楽器のイグチ、













第11回クラシックギターサマーセミナーの受講生募集のご案内

募集を開始しました。受講希望の方は、どうぞご連絡ください。

【日時】 8月24日(金)~26日(日):2泊3日
【タイトル】
第11回クラシックギターセミナー in 原村
【サマーセミナーの目的・趣旨】
クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故・稲垣 稔氏と共同で2007年にスタートしました。クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。初心者、プロ志望までレベルを問わずご参加いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。
【参加資格・募集人員】
初心者からプロ志望レベルまで。受講生募集人員は15名。あと2名
【受講費】
¥52,000(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、講師コンサート&有志による発表会、新人演奏コンサート、記念品、賞状。ただし、昼食代は含まれておりませんので別途となります)
※単独での聴講の場合:各講座¥2,000
※レッスン聴講:全日通し券¥3,500、一日券¥1,500
※講師コンサート:24日(金)19:30~ ¥3,000
※新人演奏コンサート:25日(土)19:30~ ¥2,000
※受講生有志によるコンサート:25日(土)15:00~ 入場無料
【講師&新人演奏育成コンサート出演者】
レギュラー講師:田口秀一(基礎講座)
講座ゲスト講師:鈴木一郎先生http://ichiro-suzuki.main.jp/
ゲスト講師:岩永善信先生http://www.yoshinobu-iwanaga.jp/、ジャン・マリー・レーモン先生http://jean-marie.raymond.im/

キャメロン・オコナ―&井上郁夫ギターリサイタル

現在、私の教室で精進しています井上郁夫さんとその友人キャメロン・オコナ―両氏のギターリサイタルをお手伝いするになりました。新人育成に今後も力を注いでいきたいと思います。チケットお問い合わせ:042-502-6264まで よろしくお願いいたします。(^^♪