2013年3月8日金曜日

ギターメトード基礎用法と補足9

P.58
セーハ(Ceja)の押さえ方
セーハ(スペイン語)バレー(フランス語)日本では、セーハが一番使用されています。
大セーハ⑥弦~①弦まで人差し指親指よりの横側面で押さえます。
まっすぐ伸ばして(少し反らして)押さえるやり方と人差し指の側面で押さえ少しカーブさせるやり方と2つあります。
半セーハ(③弦~①弦)第2関節を曲げて押さえます。この時も横側面です。
セーハのコツは、押さえる内容によって親指の位置が変わります。また、重みの使い方もヘッドに向かって押し上げる←場合と床に向う下へぶら下がる↓のとハイポジションに向かって→押す場合もあります。
ここでの課題は、脇を閉めて左に傾けるシンプルなやり方をまずマスターしてください。

P.60
3度と6度
訂正箇所:1拍目のド#は、2分音符です。

P.61
10度
これは、有名なF.タレガのラグリマの下地練習と思ってください。人差し指に力が入っている人がほとんどですが、小指に重心を掛けます。低音の4弦ではノイズが出ますので離して移動する練習をしてください。

P.62
小指を回して押さえる
この課題をすることで難しいと思っていた4指①弦と3指⑤弦まで届くようになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿