2013年3月7日木曜日

ギターメトード基礎用法と補足5

P.38
このページは、P.11と13を連動させたものです。特にP指のアーム・アポヤンドは、難しいです。すぐにできるようになりません。これは、バイオリンのボーイングを思い浮かべてください。しなやかな手首の引き寄せと腕の動きが出来るようになるには時間がかかります。あきらめず継続してください。親指の消音もお忘れなく。



P.39
ここでは、課題3と課題4を念入りに練習をしてください。最終的に課題4が簡単にできるようになることが大変重要です。弾く前に「ぐ~」と構えてしまうのはまだ脱力(腕の重みを感じる)を体感できていないということです。最初は、小さい音でも構いません。「す~」と引っかかりが無くなるまで続けることが一番重要なことです。

P.40
に入る前に必ずP.38をもう一度やって腕の緊張をほぐしてから行ってください。
このページの低音部アームアポヤンドが「すー」とできるようになるとアーム・アルアイレもできるようになりバッハやルネッサンスのなどによう出てくるカノンやパッサカリア、フーガ、シャコンヌ等の低音部旋律弾き分けが無理なく出来るようになります。
よくアルアイレ・カット(爪寄りの関節曲げて弦を鋭くはじくやり方:同時でない交互で入れ替えをする場合やキツイ音を求めるときに有効です。)で弾いている人を見かけますが、これは多声部な曲を弾き分けるには不向きであり他の指(ima指)に影響がでて上手くコントロールができません。やはり、それぞれの弾き方の特徴を踏まえて正しい用い方が賢明です。


P.41
よくギター教師も間違って指導していることがあります。課題8を課題7と同じと思いこんでいる方が少なくありません。(苦笑)

課題9
有名な禁じられた遊びの音型です。①弦の旋律は、4分音符そこに3連音符が重なっています。「①弦メロディーをアポヤンドするのが難しい!」とか?「アルアイレで十分だ!」とだいぶ言われるようになっていますが、実はこのアポヤンドは、アームアポヤンドで行います。
P.38のa指を動かさず撫で上る動作を思いだしてください。
a指は、メロディーの弦を弾弦が終わるまで動かしません。腕の重みで引き寄せます。その後、m指とi指は軽く指を動かして(フィンガー・アルアイレ)をします。
力の入れ具合は同じでいてメロディーラインは浮き上がってきます。
すべてアルアイレで(弱い薬指)メロディーを強く弾いてただちにm指を弱く弾き分けるとなると!この方がよっぽど脱力が難しいです。指先が器用な若い時しかできません。
中高年なりますと手がこわばってしまいます。

課題10
同時アポヤンド
これは、大変難しいですが、右手のフォームの完成になります。トレモロやスケール、アルペジオ、和音等すべての動きに同じ手の形のままできるようになります。継続してできるようにしてください。名人と言われたギタリストはみなさんできます。逆にできない方は、その都度角度を変えて弾いていますと若い時分はいいのですが、中高年にはいるとコントロールがしきれなくなってきます。
そうなりますと最初にできなくなるのでアルペジオのpimaです。次にアポヤンドでのスケール、トレモロもできなくなります。「学生の頃はできたのになぜだろう?」となります。
でもご安心ください。正しい指の動作や重みの使い方を学習していくとまたできるようになります。


つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿