スキップしてメイン コンテンツに移動

ギターメトード基礎用法と補足4

P.35~36
発音と消音
アルアイレの練習課題
ここは、P.11,13,14,15,17と同じものを連続して練習できるようにまとめています。親指側面でも消音をしながら練習することで手首の正しい高さが導かれていきます。Pimaのアルアイレのタッチも必ず爪の溝左側にピタッと入れ(弦の上に置く)着地に神経を80パーセント使ってください。
課題1~3は、先に記載しましたP.14、15、17を順次載せたものです。
課題4は、P.28の弾き方で行ってください。



課題5は、pimをプラント(事前に⑥弦~④弦に指を置いて)の練習課題です。


課題6訂正箇所2小節目2拍目の和音ラレソシ(誤り)→正しくはミラレソ
課題7は、スタッカートで練習することで右手の爪先をコントロール力や明瞭な音を出すための課題です。
課題8~9は、プラント(右指を弦の上に置くこと)の練習です。imaを①②③にプラント(置いて)弾くので親指の独立性を養う目的で作成しています。ここでimaのプラントをしないで練習をしていますと空中で手を近付けてしまうので親指の独立が望めません。そうした弾き方は、何年経っても親指の独立が身に付くことがありません。
課題10~11は、指示通り音価を守るように消音してください。
課題12は、先に記載したP.15を応用させたものです。P指を動かしているときに①弦に置いたimaが動かないように気をつけましょう。あくまでP指の独立を養うことが肝要です。4小節目からまずpimaの運指で練習をしてください。P指だけなら上手く動いてもimaが加わると手の甲が動いてP指に寄ってきてしまうものです。これに注意を払ってください。そして5小節目の最後のシは、6小節目のソをアポヤンドして消音して下さい。同様にソからレに低音が下がる時も同様にアポヤンドで消音 です。問題点が改善されるまでは10小節まで区切って練習をしてください。手の甲が安定してきましたら11小節目に入ってください。
なぜトレモロの前にPimaを練習するのか?
1.P指アルアイレの際i指に向かって握ってしまう方がほとんどです。この点に注意して下さい。次に動かすi指を邪魔をしないように触れる前に回して戻すようにします。m指を動かす時にa指が①弦より外に空中待機しているか?鏡を使って確認して練習をしてください。m指よりa指が内側に入っている人は動作が2つになっています。弾くためにもう一度a指を1弦より外に持っていかなければなりません。これは効率が悪いことです。
正しい効果的練習方法は、p指は、i指に向かって閉じないで回して元の位置に戻す(開いた状態を保つ)i指は、正常に動作はできる。m指を動かす時に薬指と小指を①弦より外側に待機しているか?よく観察をして練習をすると薬指の空中で支える筋肉が手付きます。そしてバランスの良い手が出来てきます。

その後でトレモロの運指使い(Pami)を練習をします。この時、a指を動作したのちm指が弾くと同時にa指とch指(小指)①弦より外に戻すことを忘れないことです。この点を忘れて練習を続けるとamの交叉が早くなって不揃いなトレモロになっていきます。ご注意あれ!また、amiを強く握らないことです。軽く左に圧して上手に抜いてください。決して握らないことです。

P.37
課題1~2は、右手はプラント(置いて)して練習をしてください。
課題3は、左手のガイドリングを示唆しています。ラドミからシレミに移動する際にラ#ド#ミがあると次のシレミに移動しやすいです。その指の形を覚えた上で2回目のラドミからシレミ移動すると難しさが緩和出来ます。
シレミからソ#シミに移動の際は、人差し指をラ#に置いてスライドして移動してください。(裏ガイド)

つづく5へ

コメント

このブログの人気の投稿

第11回クラシックギターサマーセミナーの受講生募集のご案内

募集を開始しました。受講希望の方は、どうぞご連絡ください。
【日時】 8月24日(金)~26日(日):2泊3日
【タイトル】
第11回クラシックギターセミナー in 原村
【サマーセミナーの目的・趣旨】
クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故・稲垣 稔氏と共同で2007年にスタートしました。クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。初心者、プロ志望までレベルを問わずご参加いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。
【参加資格・募集人員】
初心者からプロ志望レベルまで。受講生募集人員は15名。あと2名
【受講費】
¥52,000(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、講師コンサート&有志による発表会、新人演奏コンサート、記念品、賞状。ただし、昼食代は含まれておりませんので別途となります)
※単独での聴講の場合:各講座¥2,000
※レッスン聴講:全日通し券¥3,500、一日券¥1,500
※講師コンサート:24日(金)19:00~ ¥3,000
※新人演奏コンサート:25日(土)19:30~ ¥2,000
※受講生有志によるコンサート:25日(土)15:00~ 入場無料
【講師&新人演奏育成コンサート出演者】
レギュラー講師:田口秀一(基礎講座)
講座ゲスト講師:鈴木一郎先生http://ichiro-suzuki.main.jp/
ゲスト講師:岩永善信先生http://www.yoshinobu-iwanaga.jp/、ジャン・マリー・レーモン先生http://jean-marie.raymond.im/

ギター愛好家の皆様へ “今さら聞けないギターの基本を もう一度見直してみませんか?~重力奏法を基盤にした~

長年ギターにおける自然な弾き方を求めてたどり着いたのが「重力・重量」を活かした弾き方でした。そうした見地からアドバイスを致します。どうぞこの機会をご利用ください。






































【概要】
指導力に定評がある弊社音楽教室ギター科講師、田口秀一先生がギターを演奏する上で基本的な事柄で今さら聞けない「姿勢」、「演奏法」、「爪の磨き方」、「楽器の選び方」等々をわかりやすくクリニックいたします。クラシック・ギターを弾かれる全ての皆様(レベル、年齢は問いません)、是非ご参加下さい。

【日時】11月23日(木・祝)15:00~
【会場】(株)ギタルラ社1Fスタジオ
【講師】弊社音楽教室ギター科講師:田口秀一先生
【受講料】¥2,160(税込)※定員4~6名。聴講はございません。

※可能な限りギターをご持参下さい。
※ご予約、お問い合わせは(株)ギタルラ社まで。
※ (Tel) 03-3952-5515(火~日 10:30~19:00)(Mail) info@guitarra.co.jp【内容】 指導力に定評がある弊社音楽教室ギター科講師、田口秀一先生がギターを演奏す る上で基本的な事柄で今さら聞けない「姿勢」、「演奏法」、「爪の磨き方」、 「楽器の選び方」等々をわかりやすくクリニックいたします。
㈱ギタルラ社ホームページhttp://www.guitarra.co.jp/

第19回有志によるコンサート(ギター発表会)

今年の有志によるコンサート(19回目発表会)は、来年で20年目を迎えるにあたって感慨深い発表会になりました。現生徒さん、元生徒さん「ありがとうございました!!(^^♪」12日に満55才になりました。故稲垣さん(亨年54才)より一つ年を重ねられたことも感謝です。いい音を醸し出す為には、奏法研究が必要でそうした積み重ねがやっと生徒さん方に伝えられるようになってきたことも感慨深く感謝でした。これからは、少し「共に作る楽しむ」エンターティメントな面も伸ばしていきたい思いました。



プログラム

1.ワルツ/J.フェレール
ロマンス/J.Kメルツ                                                       I.N 初参加



2.ラグリマ/F.タレガ  

アデリータ/F.タレガK.T 2回目

3.マリア・ルイサ/J.S.サグレラス 雨だれ/G.C.リンドイ                                                     K.S 2回目
4.11月のある日/L.ブローウェル
フェスタ・ラリアーネ/L.モツァー二                                                M.Y  3回目
休憩

5.愛のロマンス/スペイン民謡    また君に恋してる/森正明 小関編              T.W 初参加