2013年3月1日金曜日

「ギターメトード基礎」好評を頂いて

先日、公益法人日本ギター連盟総会に久しぶりに出席してきました。するとある先輩先生から「あれは、いいね。あそこまで書いたものはいままでないから画期的だね。とても驚いたよ。続編あるのかな?楽しみにしている」と思いがけず好評を頂いてとても嬉しかったです。しかし、「とても驚いた」と言われたことがやけに心に残っています。なにか?いままでの印象が違ったんでしょうか。(苦笑)

また、帰り際に大御所先生から「あの教本でさらったら左手が楽になった」と生徒が言っていたと教えていただき、じわじわと活用され始めていることに実感できました。ありがとうございます。

その後代々木でレッスンを済ませ帰宅しますと現代ギター社から電話があり「在庫が無くなってきている」と伝言を聞きました。こんなに早く再版を検討するようになるとは思っていませんでしたのでとても嬉しく思います。

以前から「教本は売れない!」とよく聞かされていましたし、ましてやギターでの消音方法の(指導が難しく避けている状況がほとんどではないかと思いますから)具体的指示説明や「重力奏法ってなに?」と首をかしげたくなると思います。
まあ売れないけど。一部の方でも支持してもらえればいいし、
「いつか!ホントのことを伝え残さないといけない」という思いでいましたので公に出版が出来てとても嬉しく思います。


続編を出版したいですが、楽譜入力と経済的なことがありますからまだまだ先になると思います。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=JV4PQvbuQlY



0 件のコメント:

コメントを投稿