スキップしてメイン コンテンツに移動

練習曲(エチュード)を学ぶ目的?

そもそも練習曲(エチュード)を学ぶ目的とは? なんでしょうか? 

特に古典時代から作曲家兼ギタリストたちは、多くの練習曲を残しています。また、この時代のギタリストは、幼少のころにヴァイオリンやチェロ、ピアノ教育を受け、作曲法も学び青年期にギターを始めて明らかに他楽器から音楽一般を学びギターに応用させている共通点を見ることができます。
そしてこの頃から出版という大衆への楽譜流通がはじまりました。

そうなりますと音楽を学んでいない人々にも自由に作品が届くようになります。
出版社は、楽譜をたくさんの人に購入してほしい!

しかし作曲家は、自分の個性を出したい。個性をだすと表現技術の種類が増えたり、難度が高くなってしまうことがあります。

そこで段階的に技術をステップアップする曲や様々な表現技術を一つずつ身につけてもらう為の曲が必要になります。古典期の練習曲は、概ねこうした目的で練習曲が書かれています。

例外もあります。作曲家によっては練習曲であっても理性より本能の勝ってしまい音楽的面白みに重点が置かれている場合もあります。それは、練習曲とタイトルが付いていても小品と見た方が賢明で学習プログラムに入れない方がいいですね。

なんで練習曲を学ぶのか?お分かりいただけたでしょうか。

つまらなくても「継続は、力なり」



コメント

このブログの人気の投稿

昨年の東京国際ギターコンクール優勝者コンサートを主催致します。

音楽工房グランソノリテとして昨年の東京国際ギターコンクール優勝の小暮浩史君のソロリサイタルを主催することにいたしました。彼の継続8回の挑戦と礼儀正しい姿勢に感銘しましたので応援したいと思いました。ちょうど武蔵小金井駅前の小ホールが取れましたので地元周辺の方々に国際コンクール優勝者の生音を身近に聴いて頂けたらと思います。ここは、クラシックギターの音が心地よく聞こえてきます。どうぞこの機会をお見逃しなく。入場料:前売り2,000円 当日2,500円(150席限定)
まだ、当日券ございます。
チケット取り扱い:(株)ギタルラ社、(有)絃楽器のイグチ、













第11回クラシックギターサマーセミナーの受講生募集のご案内

募集を開始しました。受講希望の方は、どうぞご連絡ください。

【日時】 8月24日(金)~26日(日):2泊3日
【タイトル】
第11回クラシックギターセミナー in 原村
【サマーセミナーの目的・趣旨】
クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故・稲垣 稔氏と共同で2007年にスタートしました。クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。初心者、プロ志望までレベルを問わずご参加いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。
【参加資格・募集人員】
初心者からプロ志望レベルまで。受講生募集人員は15名。あと2名
【受講費】
¥52,000(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、講師コンサート&有志による発表会、新人演奏コンサート、記念品、賞状。ただし、昼食代は含まれておりませんので別途となります)
※単独での聴講の場合:各講座¥2,000
※レッスン聴講:全日通し券¥3,500、一日券¥1,500
※講師コンサート:24日(金)19:30~ ¥3,000
※新人演奏コンサート:25日(土)19:30~ ¥2,000
※受講生有志によるコンサート:25日(土)15:00~ 入場無料
【講師&新人演奏育成コンサート出演者】
レギュラー講師:田口秀一(基礎講座)
講座ゲスト講師:鈴木一郎先生http://ichiro-suzuki.main.jp/
ゲスト講師:岩永善信先生http://www.yoshinobu-iwanaga.jp/、ジャン・マリー・レーモン先生http://jean-marie.raymond.im/

キャメロン・オコナ―&井上郁夫ギターリサイタル

現在、私の教室で精進しています井上郁夫さんとその友人キャメロン・オコナ―両氏のギターリサイタルをお手伝いするになりました。新人育成に今後も力を注いでいきたいと思います。チケットお問い合わせ:042-502-6264まで よろしくお願いいたします。(^^♪