2018年4月22日日曜日

第86回話音倶楽部🎼


昨年絃楽器イグチの創立20周年でご一緒させていただいたマンドリンの片岡道子先生からお誘いを受けて話音倶楽部に出演させて頂きます。また、4重奏ができること楽しみです。お近くの方どうぞ聴きに来てください。(^-^)


2018年3月31日土曜日

第11回クラシックギターサマーセミナーの受講生募集のご案内

募集を開始しました。受講希望の方は、どうぞご連絡ください。
【日時】 8月24日(金)~26日(日):2泊3日
【タイトル】
第11回クラシックギターセミナー in 原村
【サマーセミナーの目的・趣旨】
クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故・稲垣 稔氏と共同で2007年にスタートしました。クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。初心者、プロ志望までレベルを問わずご参加いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。
【参加資格・募集人員】
初心者からプロ志望レベルまで。受講生募集人員は15名。あと5名
【受講費】
¥52,000(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、講師コンサート&有志による発表会、新人演奏コンサート、記念品、賞状。ただし、昼食代は含まれておりませんので別途となります)
※単独での聴講の場合:各講座¥2,000
※レッスン聴講:全日通し券¥3,500、一日券¥1,500
※講師コンサート:24日(金)19:00~ ¥3,000
※新人演奏コンサート:25日(土)19:30~ ¥2,000
※受講生有志によるコンサート:25日(土)15:00~ 入場無料
【講師&新人演奏育成コンサート出演者】
レギュラー講師:田口秀一(基礎講座)
講座ゲスト講師:鈴木一郎
ゲスト講師:岩永善信、ジャン・マリー・レーモン
【新人演奏育成コンサート出演者】
渡邊 茜、キャメロン・オコナー、井上郁夫
【お問い合わせ&お申込み】
2018年1月中旬~7月末まで受付。
Mail:studio-grandsonorite@jcom.home.ne.jp (田口)
Tel&Fax:042-502-6264(田口)
※お申込みの際は「氏名・住所・電話または携帯番号・メールアドレス・年齢・性別・音楽歴・受講曲(2~4曲程度)・今回のレッスンで習いたいこと・受講したい講師の組み合わせ第一希望、第二希望」をお知らせ下さい。(ただし、ご希望どおりにならないこともございますので、予めご了承下さい)
【会場】
グリーンプラザホテル(長野)





















 



2018年3月9日金曜日

秋の発表会に向けての練習会 第2弾

第1回練習会を2月18日終えました。「蛍の光」の合奏を17名で初合わせができました。他にもギター&オカリナ、ギター2重奏、クラリネット&ギターデュオもあり充実した日を過ごすことが出来ました。こうした会を重ねることで日々の生活に活力になればと思います。

次回は、5月6日(日)9時から16時30分です。

186-0003 国立市富士見台2-48-1TEL 042-574-1515
JR国立駅南口バス乗場:4番
立川バス、矢川駅、国立操車場、又は国立泉団地行き「市民芸術小ホール・総合体育館前」下車
JR矢川駅から徒歩10分、※JR谷保駅から徒歩10

2018年1月9日火曜日

第11回ギター大好きコンペ関東予選とオールジャパン予選

18日(祝・月)10:30開演

ギター大好きコンペ関東とオールジャパンの予選会が行われました。

今年で11年目になるのですね。月日が経つのは早いものです。五反田文化センター音楽ホールから目黒区区民ホールに変更になり、数年ぶりに目黒駅に下車しました。このホールを訪ねたのは初めてだと思います。かなり老朽化していて、階段の段差が高かったです。

響きは良くて、後ろの席の方が良く聞こえていました。一方、前の方の席はエコーが少なく聞こえていました。審査員席は前方に設けられていましたが、後方に設けられていたらまた違った結果になっていたかもしれませんね。それだけ聞こえ方が違っていました。

私は、B部門の最後の人から聞きました。その後30分のランチタイム、トイレに行っている間にC部門とD部門を聞き逃してしました! E部門からは全員聴きました。

今回はF部門とオールジャンパンに各1名ずつの生徒さんが参加しました。F部門の生徒さんは銅賞でした。昨年と審査の基準が変わったのかな?と思うような、不思議な審査結果でした。オールジャパンの生徒さんは、2次予選に進む権利を頂きましたが、3人全員合格に(?_?)と感じました。コンペも回数が重なってくると色々と有りますね。でも気持ちを切り替えて、ひたむきに自己を磨いて納得のいく演奏ができるように精進していってほしいと思いました。コンペやコンクールは結果も大事だと思いますが、それよりも自己を練磨する機会と思って取り組んでほしいと思います。継続することで実力がついて、それが他者からの評価につながると信じています。泥沼から蓮の花が咲くように!一人一人の花を咲かせましょう!




2018年1月6日土曜日

新年会兼練習会

新年会兼練習会
来年2月18日(日)9時30~18時
studio&cafe ko-ku-bu(国分寺市富士見3-5-1)
アクセス:JR国立駅より徒歩15分バス:国立駅北口1番乗り場より23戸倉循環、4つ目、都営富士本住宅下車すぐ
にて新年会兼練習会を行いたいと思います。今回参加できなかった生徒さんや新しい方の参加し易いようにと企画をしました。簡単な曲で合奏もしたいと思います。参加費2,000円です。ギター、足台、譜面台をご持参ください。ドリンク、お菓子、軽食持ち込み可です。ただしアルコールはダメですが、向かいのお店で打ち上げができるところがあります。




意識をもって維持訓練をしないといけないこと。右手編No.1

ギターを自然に弾けるためにはそれに必要な手を作らないといけません。また、基礎が身に付いたと思い込んでも維持するために欠かせない訓練があります。怠るとだんだんできなくなることは周知のことです。怠らず励めば(正しい動作なら)楽になっていき長持ちします。

右手編

1.P指は、i指に寄ってくるのが本能。「軽くグー」する形が楽ですから。
ギターを上手に弾けるためには、P指とi指の独立が必要です。その為には、P指だけで回せれるようになること。そしてできるだけ「パー」の形でi指を離した状態で動かすことができるように日々維持の為の訓練が必須です。

2.a指は、弱い指です。日常で使うのは「P.i.m指」です。a指で弦を弾いたら必ず弾く前の状態に戻す訓練と習慣化が必須です。a指を弾いたまま(握ったまま)に放置しておくと連動しているm指が動いてしまいます。a指を弾いたら↓ 戻す↑ これは、意識的に訓練を積まないとa指の独立できる力がつきません。また、小指と薬指も連動しているので小指は薬指より外に出す方が良いです。小指が上がっていると行儀が悪いと思われがちですが、薬指より中に入ったままの状態で弾いている方がa指が巻き込みになってしまいますので良くありません。これも意外と知られていませんのでご注意ください。指は、使わないとすぐに落ちてしまいます。入院の経験がある人だとお分かりかと思いますが、一週間ベットで寝たままですと足の筋肉が落ちてしまいます。その感覚と似ています。訓練では、1弦開放弦でmama交差動作、1弦と2弦開放弦でmamaの交差動作が必要です。一定時間行うことが必要です。

3.右手首の定位置(特殊奏法除いて)は、最低3つあります。
  一番低い手首位置は、1弦をima指で弾いている(動作中) 
      P指は2弦に置き3弦から6弦までを親指側面で消している状態。

  二番目の手首位置は、1弦にima指で弾いている(動作中)
      P指は、2弦に置き3弦のみ親指側面で消している状態。

  三番目の手首位置は、1弦にima指で弾いている(動作中)
      P指を弦に触れない状態

P指での側面消音を怠らないことで右手の手首位置が安定してきます。三番目のP指を弦に触れない状態ばかりを定位位置にして学習していますと手首が弦に対してだんだん下がって平行になり注1)指で弦を擦る弾き方になり音がボケたり、その結果遠達性が落ちます。鳴らなくなるので益々握る力が強くなり爪も長くなってしまいます。弦を交換したり楽器を変えたくなります。トレモロ時のP指も弾きずらくなります。ima指の粒も揃わないなど悪循環が続きます。



注1)40度が理想ですが、(ただし、手が大きい人や親指が良く反る方は40度以上になるでしょう。)手首が平行に下がるとは、この角度が20度10度と角度が少なくなることをさしています。





維持するために必要な右手の訓練には、「ギターメトード基礎」P.35,36,38~43,55を永続的に行うことです。

2018年1月3日水曜日

2018年の年始は

年始は、2018年1月5日(金)より営業いたします。

その後の予定
1月8日(祝・月)10:30開演
ギター大好きコンペ関東とオールジャパンの予選会が行われます。
五反田文化センター音楽ホールから目黒区中小企業センター区民ホールに変更になりました。03-3438-1819 連盟)
生徒さんが2名参加しますので聞きに行こうと思っています。

1月13日(土)ねずみの会にご招待いただきましたのではじめてですが、聴きに行こうと思います。